2005-06-07

独身と偽り強制わいせつ 国立研究所員

結婚をちらつかせ無理強い


ありがちね。

[引用元-YOMIURI ON LINE 2005/6/6 ]
 インターネットの出会い系サイトで知り合った女性にホテルでわいせつな行為をしたとして、国立感染症研究所(東京都新宿区)感染病理部の主任研究官、阿部賢治容疑者(51)(千葉県八千代市)が今月4日、警視庁葛西署に強制わいせつ容疑で逮捕されていたことが6日わかった。

感染病理部に所属してたのね。

[引用元-asahi.com 2005/6/6 ]
 葛西署の調べでは、阿部容疑者は4月23日夜、東京都江戸川区のビジネスホテルで、仙台市の40代の女性会社員に無理やりわいせつな行為をした疑い。容疑は認めているという。
 阿部容疑者は3月、男性医師らを対象に、お見合いを目的にした会員制のサイトで女性と知り合った。女性は約1カ月間メールのやりとりをしてから上京し、被害に遭った。
 阿部容疑者には妻子がいるが、独身と偽って結婚話をちらつかせながら関係を無理強いしたとされる。女性は「真剣な交際を望んでいたのに、許せない」と話しているという。

これは強制わいせつなの?

医師と結婚したくて彼女はSEXしちゃったんでしょう?

医師免許がなくて妻子持ちだとわかったから訴えたのかしら。

騙した男が悪いのはわかるけど、・・・怖いわねぇ。

訴えて、逮捕されて、すっきりしたかしら。

肩書きに左右されやすい結婚焦ってる頭も尻も軽い女です

って世間にアピールしただけかもねぇ・・・


あ、今度はわたし名誉毀損で訴えられるかしら?笑

国立大学研究員不正アクセスで逮捕

[引用元-CNET japan 2005/6/5 ]
 警視庁ハイテク犯罪対策総合センターと池袋警察署は4日、コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)のホームページから個人情報を入手した国立大学研究員の河合一穂(京都市在住、40歳)容疑者を不正アクセス行為禁止法違反および威力業務妨害の疑いで逮捕した。
 河合容疑者は、ACCSのウェブサイトにおいて、著作権問題の相談を受け付ける「著作権・プライバシー相談室〜ASKACCS」窓口のフォームで用いられていたCGIにセキュリティ上の欠陥があることを利用して、2003年11月6日〜8日にかけて数回にわたりウェブサイトに不正アクセスし、相談者の個人情報を入手。セキュリティ上の欠陥をACCSに通報した河合容疑者が所持していた個人情報とACCSの保有する個人情報が一致したため、ACCSでは当該ウェブページを閉鎖し、セキュリティ上の対策を施すなどの処置を行った。

こっちの事件の方がピンとくるわよね

個人情報を公開までしてるなんて。

頭は良くても、性格は良くなかったみたいね。

国立感染研究所って?

開発(抗生物質・ワクチン等)と品質管理の指導などをする厚生省の研究機関。

(旧国立予防衛生研究所)

国立感染症研究所ウェブサイト

[引用元-YOMIURI ON LINE 2005/6/6 ]
 同研究所によると、阿部容疑者は主に、国や地域ごとに異なるHCVの遺伝子型の比較研究を行っているが、医師免許は持っていないという。

医師免許は持って無くても、お給料は良いでしょうからね。

研究所の人って性欲よりお仕事って言うイメージだったけど、意外ねぇ

阿部賢治

コレ見たら訴えた気持ちがわかったような気がしたわ。

やっぱり顔大事かしら。



By 元水商女 | THANKS! | Comment(1) | TrackBack(0) | ドロドロ
記事にコメント(誹謗・中傷・スパム禁止)
引用元
http://www.zakzak.co.jp/top/2005_06/t2005061355.html
こいつの奥さん、八千代市駅前のユーラシアアートと言う絵画ギャラリーのオーナーのようだ。
Posted by もにゅめんと at 2005年06月19日 21:37
コメント記入
Name:

Mail:

URL:

Comment:

通常コメント
元水商女だけ読む事が出来るコメント

TrackBack URL(スパム禁止)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。