2005-05-04

JR福知山線 運転士2名同乗 救助より乗務 「誠にイカン」

怪我なく通常勤務 見上げた精神


When(いつ)⇒4月25日 JR福知山線脱線事故当日
Where(どこで)⇒兵庫県尼崎市
Who(だれが)⇒森ノ宮電車区所属の運転士(59)
尼崎電車区の運転士(27)
What(なにを)⇒尼崎列車事故の乗客を
How(どのように)⇒救助せず出勤。1名は電話したが、通常業務。
もう1名「現場にいようと思ったが、仕事が気になり、警察の邪魔になるとも思ったので、出勤した」
Why(なぜ)⇒JR側「誠に遺憾」
「大きな事故だったので気が動転し、とりあえずの行動として職場に向かったようだ」
Details(詳細)⇒尼崎脱線事故: 事故車乗車の運転士2人、救助活動せず出社 MSN-毎日

ありえないわよね。

なんとなく、彼らは本当にマジメなだけなのかもって思えてきたわ。


「臨機応変」が足りなかったのね。

マジメな人って大変ね。

不幸だわ。


二者択一


二者択一の選択を迫られたときに活用できるジョークソフト

自分自身で決断できないときにソフトが代わりに決断してくれるの。

「決めるんだ君」v1.0

あくまでもジョークソフトよ。責任問題にしないでね。

ちなみに“「乗客を救助」〜する”で質問したら、

決めるんだ君は「救助しない」って決断したの。

もしかして、運転士2人もこれを使ったのかも?


イタイ人達


線路に置き石逮捕

土居敏之(67)「世間を騒がせたかった」

山口貞夫(53)

大森浩平(26)「酒に酔っていて、置き石をしたかどうか覚えていない」

能勢真次(26)「           同文           」


イタすぎるので、コメントはないわ。


By 元水商女 | THANKS! | Comment(0) | TrackBack(2) | コネタ
記事にコメント(誹謗・中傷・スパム禁止)
コメント記入
Name:

Mail:

URL:

Comment:

通常コメント
元水商女だけ読む事が出来るコメント

TrackBack URL(スパム禁止)


JR尼崎事故・人間として最低最悪・同乗運転士2名救助せず
Excerpt: JR西日本の逃亡した2運転士は表に出てて来て謝罪すべきだ。そして潔く退職するのがスジだろう。およそ人間のやれることではない。JRのロボット人間がこの様な無常で非常なことをやってしまった。国民はもっと怒..
Weblog: 男30代!! セミ起業物語と栄光への旅・・・九州福岡より
Tracked: 2005-05-04 17:54

JR職員、電車が路を外れていても我が道をいく。
Excerpt:  尼崎市でおこったJR福知山線の脱線事故で、また衝撃の事実が明らかになった。この組織の異常な体質。事故は紛れもなく人災であり、JR西日本にもはや同情の余地はない。  ニュースの内容は、事故当日3時間..
Weblog: OKADA Network Blog
Tracked: 2005-05-05 09:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。