2005-04-20

埼玉・越谷 授業参観日に校内で自殺 新任男性教諭

動機は思い当たらない 

 19日午前9時半ごろ、埼玉県越谷市千間台西5、市立千間台小学校の高際正晴校長が、4年生担任の男性教諭(22)が首をつっているのを発見、119番通報した。
 場所は、校舎3階の図工室。はりにネクタイを掛けて首をつっていた。教諭は既に死亡しており、県警越谷署は自殺とみている。

 調べでは、教諭は学校の警備システムが解除された午前6時ごろに登校したらしい。遺書は見つかっていないという。
 教育委員会によると、1時限目の授業が始まっても教諭が教室に来ないと児童から連絡を受けた教諭らが校内を捜していた。
 教諭は3月に大学を卒業し、4月1日に同小に着任した。担任クラスは特に問題を抱えておらず、同僚も教諭が悩んでいる様子に気づかなかったという。19日午後の5時限目はクラスの授業参観だったが、他の教諭が代行した。
 同校の須田次枝教頭は「(教諭は)はきはきとした好青年で変わった様子もなく動機は思い当たらない」と話した。

本当に思い当たらないのかしら。

自殺の場所をわざわざ学校に選ぶ、しかも、授業参観にあわせて、何かのメッセージとしか思えないわよね。

自殺した先生の教え子が一番不幸よね。


By 元水商女 | THANKS! | Comment(0) | TrackBack(0) |
記事にコメント(誹謗・中傷・スパム禁止)
コメント記入
Name:

Mail:

URL:

Comment:

通常コメント
元水商女だけ読む事が出来るコメント

TrackBack URL(スパム禁止)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。