2005-04-07

いすゞ自動車 3車種での回収・修理を届け出

「エルガ」「ガーラ」など計2080台のリコール


 いすゞ自動車は7日、バスが走行中にエンストする欠陥があるとして「エルガ」「ガーラ」など3車種計2080台のリコールを国交省に届け出た。この欠陥では過去2回、リコールなどを届けて改修しながら不具合が再発。国交省は対策が不十分で対応の遅れもあるとして、道路運送車両法による業務改善を文書で指示した。<記事抜粋>

「エルガ」「ガーラ

三菱のリコール騒動見て、お勉強しなかったのかしら。

人ごと感覚なら、しょうがないわよね。

三菱といえば、今日パジェロ炎上したのね。

バスもメーカー見て乗る時代かしら。

「コルト」「ギャラン」「レグナム」


 三菱自動車は3件で約37万台分の達するリコールおよび改善対策を届け出た。対象車種は
『コルト』『ギャラン』『ギャランアスパイア』『レグナム』の4車種で、生産期間は96年8月から4年12月におよぶ。
不具合が計153件発生し、ユーザーがやけどを負う事故も2件あった。
ただし国土交通省は「リコール隠しなどの疑いはない」とし、今回の件が同社の体質改善活動に疑義を持たせるものではないとしている。
その一方で、リコール対策に資金や時間を要することも確かで、同社の今後の復活の足取りに何らかの影響を及ぼさざるを得ない

リコールは通常あるものだから、隠してるかどうかが一番重要よね。

今回は、やけどした人が一番不幸かしらね。

By 元水商女 | THANKS! | Comment(0) | TrackBack(0) | コネタ
記事にコメント(誹謗・中傷・スパム禁止)
コメント記入
Name:

Mail:

URL:

Comment:

通常コメント
元水商女だけ読む事が出来るコメント

TrackBack URL(スパム禁止)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。